「なぞとき博物館メモ」カテゴリーアーカイブ

シャブティいろいろ

『なぞとき博物館(はくぶつかん) ミイラの呪文(じゅもん)がとけちゃった?!』に出(で)てくる、シャブティ。

古代(こだい)エジプトの王(おう)は、死者(ししゃ)の国(くに)でよみがえるために、ミイラにされました。王の墓(はか)には、死後(しご)の世界(せかい)で使(つか)えるようにと、豪華(ごうか)な家財道具(かざいどうぐ)がそえられていますが、それにくわえ、あの世(よ)で王のめしつかいとなるように作(つく)られた、小さな人形(にんぎょう)たちも入れてあります。それがシャブティとよばれるものです。

前回(ぜんかい)の記事(きじ)で紹介(しょうかい)した、《クレオパトラの針(はり)》を見に行ったついでに、《メトロポリタン美術館(びじゅつかん)》のエジプト展示室(てんじしつ)にたくさんいる、シャブティたちに会いに行ってきました。

ここにならんでいるのは、どれもみんなシャブティです。いろんな材質(ざいしつ)で作(つく)られているんですね。青(あお)い陶器(とうき)のシャブティが、よくあるタイプのようです。でも、『なぞとき博物館』のイラストにえがかえれている、愛(あい)らしいシャブティたちにくらべると、青(あお)いシャブティはちとこわい気(き)が。この中から選(えら)ぶとしたら……このタイプなんてどうでしょう?

素朴(そぼく)ながら清潔感(せいけつかん)あるシャブティさん。作(つく)られてから何千年(なんぜんねん)もたっているとは、とても思(おも)えません。

シャブティたちがいるエジプト展示室(てんじしつ)は、見どころが多く、いつも見学者(けんがくしゃ)たちでごったがえしています。ミイラの棺(ひつぎ)がならぶコーナーでせすじがつめたくなったり、広いホールにデーン!と展示(てんじ)された古代(こだい)エジプトの神殿(しんでん)に圧倒(あっとう)されたり。 何度(なんど)行ってもあきない場所(ばしょ)です。※デンドゥール神殿(しんでん)がまるごと移(うつ)されたホール。手前(てまえ)の人口池(じんこういけ)に植(う)えてあるのは、古代(こだい)エジプトの紙(かみ)の原料(げんりょう)パピルスです。

クレオパトラの針(はり)

『なぞとき博物館(はくぶつかん) 怪盗(かいとう)レパンをつかまえろ』に登場(とうじょう)するオベリスク、《クレオパトラの針(はり)》は、ロンドンのテムズ川ほとりにたっています。もともと古代エジプトの神殿(しんでん)にすえられていたものの一つで、エジプトからプレゼントとしてロンドンにおくられたのだそうです。

さて、この《クレオパトラの針》、じつは対(つい)になるオベリスクがもう一本ありまして、そちらの方は、ニューヨークの大きな公園(こうえん)、セントラルパークにあります。ロンドンの《クレオパトラの針》のかわりに、写真(しゃしん)をとりに行ってきました。

《クレオパトラの針》は公園の東(ひがし)がわ、《メトロポリタン美術館(びじゅつかん)》の裏(うら)にひっそりとたっています。

 なんでもこのオベリスク、ロンドンにおくられたというニュースを聞(き)いて、「だったらニューヨークにもほしい!」と、エジプトにおねだりしたのだそうです。現代(げんだい)なら、歴史的遺産(れきしてきいさん)をよその国(くに)がもらってしまうなんて、ありえないことですが、当時(とうじ)はあたりまえのように行(おこな)われていました。だから、大英博物館(だいえいはくぶつかん)、ルーブル博物館、メトロポリタン美術館(びじゅつかん)には、世界中(せかいじゅう)の古代遺産(こだいいさん)が展示(てんじ)されているのですね。

ちなみにパリのコンコルド広場(ひろば)にも、エジプトからおくられたオベリスクがあります。これは、エジプトのルクソールという場所(ばしょ)にある神殿(しんでん)から、こちらもペアでたてられたオベリスクを一本だけ、運(はこ)んだのだそうです。

ルクソール神殿(しんでん)の入口(いりぐち)に今(いま)ものこる、もう一本のオベリスク。相方(あいかた)がいなくて、ちょっぴりさびしそう?© Ad Meskens / Wikimedia Commons

ロンドンとニューヨークの《クレオパトラの針》も、もともとはこんな風に、神殿(しんでん)の前(まえ)にたっていたのでしょうね。